Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netspeed/inoueshika-gakugeidai.jp/public_html/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

コンセプト

まず、いかにご自身の歯を残すかを考えます
近年、インプラントが流行しているからか、歯を抜いてインプラントを入れるしかないと他院で診断を受けたという相談が増えたように思います。

当院では、MTAセメントやエムドゲイン(歯周組織再生材料)、Bio-Oss(骨補填材)などの歯科材料を使って 本来抜歯しなくてはならない歯でも、まず、どのようにして残せるか検討いたします。

残せられる可能性のある場合は、それら材料と、治療方法のご説明を詳しくしていきます。
逆に、検討してみても、残念ながらやはり 抜歯は避けられない場合、なぜ残せられないかを、もちろんご説明いたします。
上記の材料は非常に高価で、保険適応外になってしまいますが、例えばインプラントと比較すると、はるかに安い金額で治療することができます。

歯科診療、材料と技術の進歩によって、より良い人工物は出てきていますが、やはりご自身の歯で噛めるようになった方が良いと私は考えています。
私自身で考えてみても、インプラントが悪いわけではないのですが、安易に抜いて人工物を入れるより、自分の歯を残したいと思っているからです。
セカンドオピニオンでのご相談の中には、私の診断ですと、保険適応範囲内の治療でも治せるような病気でも、 抜歯をすすめられたというケースもありました。

当たり前のことですが、歯を抜いてしまうとご自身の歯は戻ってきません。
少しでも不安や疑問に感じることがありましたら、安易に抜歯してしまう前に、お気軽にご相談ください。