保険適用で白い歯を実現する
CAD/CAM(キャドキャム)冠

CAD/CAM(キャドキャム)冠とは、白いかぶせ物です。
虫歯などの治療でかぶせ物をした場合、これまで保険治療では銀歯以外の選択肢はありませんでした。
しかし、このCAD/CAM(キャドキャム)冠が保険適用となり、
一部の歯ではありますが、保険適用内で白い歯を実現できるようになりました。

CAD/CAM(キャドキャム)冠ってなに?

CAD/CAM(キャドキャム)冠とは、Computer aided design/Computer aided manufactureの略。光学スキャナーと3Dプリンターを活用し、歯科用のプラスチックを削り出して製作する白いかぶせ物です。

CAD/CAM(キャドキャム)冠が対応できるのは、上下第一小臼歯・第二小臼歯・第一大臼歯(真ん中の歯から4番目、5番目、6番目の歯)。

CAD/CAM(キャドキャム)冠はすべての歯に対応できるものではありませんが、保険適用内で白いかぶせ物を施すことができるようになり、少しでも銀歯を減らしたい方にはおすすめのかぶせ物です。

また、以前に治療した銀歯が気になる方もご相談ください。CAD/CAM(キャドキャム)冠を導入することによって白い歯を実現できるかもしれません。

CAD/CAM(キャドキャム)冠はどんな点が優れているの?

保険治療で銀歯しか選択肢がなかった歯を白くできるのはCAD/CAM(キャドキャム)冠の大きなメリットです。

また、金属アレルギーを起こしたり、金属によって歯肉が黒ずんで見えたりする心配がないというのもCAD/CAM(キャドキャム)冠の利点といえます。

CAD/CAM(キャドキャム)冠のメリット
・歯に似た白色なので、銀歯に比べて見た目がよい。
・金属アレルギーがない。
・保険適用なので低価格でできる。
・天然の歯の硬さに近いため、かみに合う歯にダメージを与えにくい。
CAD/CAM(キャドキャム)冠

CAD/CAM(キャドキャム)冠

銀歯

銀歯

CAD/CAM(キャドキャム)冠の注意点

CAD/CAM(キャドキャム)冠で使われているプラスチックは硬めのタイプではありますが、使っているうちに磨耗が生じます。歯ぎしりや食いしばりが強い方は、すぐにすり減ってしまうため、CAD/CAM(キャドキャム)冠はおすすめしません。

さらに、CAD/CAM(キャドキャム)冠はインレー、いわゆる部分的な詰めものにはできません。歯にかぶせるものが対象になります。

より強度が高く、より審美性に優れ、自然に見えるかぶせ物をご希望の方は、保険適用外のセラミックなどがございます。

かぶせ物にはそれぞれメリット、デメリットがあります。それぞれの特性をしっかり理解し、ご自分に合ったものを選択しましょう。お気軽にご相談ください。