プレオルソこども歯ならび矯正法

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)は、永久歯に生え変わっていない6才~10才、 骨の軟らかい時期のお子様に行うマウスピースを使った歯ならび矯正法です。
お子様への負担と治療費を最小限に抑える事が出来ます。

こども歯ならび矯正法

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)ってなに?

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)とは、小児向けの予防矯正で上下一体のマウスピース装置のことです。
全ての歯が永久歯に生え変わる前に始めることで、口周りの筋肉と舌を鍛え健康的な歯並びと口元を目指します。
よく目にする針金を使用した本格矯正の前に試すことで、治療期間の短縮や費用を抑えられたり、歯を抜かなくても良いといった様々なメリットがあります。
将来的に本格矯正を希望される場合でも、後戻りを防ぐ可能性が高くなります。
また、口呼吸から鼻呼吸へ促す効果も期待できます。
装着時間は家に居る間の1時間と寝ている間で十分なのでお子様の負担も少ないです。 プレオルソ本体

お子様にこんな悩みはありませんか?

お子様にこんな悩みはありませんか?

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)の特徴と効果

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)の効果は以下の5つが考えられます。
  • 歯並びの改善
  • お口ポカンの改善
  • 口呼吸から鼻呼吸へ
  • 正しい発音や飲み込み
  • 噛み合わせの改善
6才~10才くらいのお子様が対象の歯ならび矯正法です
永久歯に生え変わっていない6才~10才の骨の軟らかい時期に使うことで大きな効果が期待できます。マウスピースを装着し、口の周りの筋肉と舌を鍛えることで歯並びや顎の発達に良い影響を与え、歯並びを改善します。
お子様への負担が少ない
柔らかい素材のマウスピース式なので固定式装置のような違和感や痛みがほとんどありません。また装着時間は家に帰ってからおきている間と寝ているときのみです。食事の際は装置を外し、学校や外へ遊びに行くとき等は持って行くこともありません。食事の際外せるのでものが詰まることがなく、虫歯の心配がありません。
簡単に外すことが出来ます
固定式装置と異なり簡単に取り外す事が出来、食事の際も簡単に外せ、歯磨きも出来るので、虫歯の心配がありません。
「お口ポカン」口呼吸を鼻呼吸へ促します
プレオルソ(こども歯ならび矯正法)は、マウスピースを装着し、口の周りの筋肉と舌を鍛えることで「咬み合わせ」と「歯ならび」を改善し正しい歯列へ導きます。それと同時に舌位置や口呼吸のような筋機能癖も改善するので「お口ポカン」に代表される口呼吸を鼻呼吸へ促します
「お口ポカン」口呼吸を鼻呼吸へ促します

本格矯正との違い

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)は本格矯正の前段階と考えていただくと分かりやすいかもしれません。
プレオルソ(こども歯ならび矯正法)は口周りや舌の筋肉を鍛えながら、正しい噛み合わせと歯並びを80%目指しています。
口呼吸を鼻呼吸へ促すことが非常に重要だと考えています。
本格矯正は歯並びを第一に考え、できるだけ100%理想の歯並びを目指すものです。

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)のメリットとデメリット

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)のメリット
  • 取り外し可能な為、お子様への負担軽減
  • 学校へ持って行く必要がない
  • 抜歯をしない治療
  • 柔らかい素材で痛みが出にくい
  • 本格矯正と比べて費用を抑えられる
  • 口呼吸から鼻呼吸へ
プレオルソ(こども歯ならび矯正法)のデメリット
  • 本人のやる気と保護者の協力が必要
  • 慣れるまでの違和感
まずは装置を毎日使ってもらうことが重要です。

不正咬合の種類

  • 上顎前突(出っ歯) 横から見たときに上の歯が出ている。
  • 反対咬合(受け口) 横から見たときに下の歯が出ている。
  • 開咬 奥歯は噛んでいるけれど前歯が閉じない。
  • 過蓋咬合 上の歯が下の歯に覆いかぶさっている。
  • 叢生(そうせい) 4人掛けの椅子に6人座っている状態。
不正咬合の種類

鼻呼吸の効果と口呼吸による弊害とは

鼻呼吸のメリット利点と期待される効果
人間は本来は「鼻呼吸」なのですが、日本人の多くの人は「口呼吸」をしています。
口呼吸が無防備な呼吸法なのに対し、鼻呼吸は鼻の入口にある鼻毛は天然のフィルターとも言われ、外から侵入しようとする花粉やホコリなどをブロックしてくれる非常に優れた防御システムを持つ呼吸法です。
  • 口の渇きが少なくなる為、歯周病予防、口臭予防に効果的です。
  • 唾液が口腔内を殺菌してくれる為、虫歯予防につながります。
  • 酸素を全身に供給しやすくなる為、集中力が高まります。
  • たくさんの酸素を取り込むことで安眠効果が得られます。
  • 基礎代謝が上がり痩せやすくなります。
  • いびきの軽減、予防
鼻呼吸
口呼吸のデメリット
口呼吸になると多くのデメリットがあります。
口呼吸は虫歯や口臭の原因になりやすいと言われています。口呼吸をしていると口の中が乾燥してしまい唾液の分泌が抑えられてしまうのですが、唾液には口の中を潤し殺菌する作用があるので、唾液の分泌が減ると虫歯になりやすく、口臭の原因にもなってしまいます。
  • 口の中が乾燥していると菌が増殖しやすい為、虫歯や口臭の原因につながります。
  • 歯並びが悪くなったり顎の変形にもつながります。
  • 口が開いているとウィルスを取り込みやすい為、風邪を引きやすくなります。
  • いびきをかきやすく、のどの炎症を起こしやすくなります。
  • 口周りの筋肉低下の為、顔のたるみ、歪みにつながります。
  • 花粉症やアレルギーなど発症しやすい身体につながります。
  • 唇が乾燥し荒れやすくなります。
  • 睡眠の質の低下

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)治療の流れ

①カウンセリング 先ずはご相談ください
  • 治療についての説明
  • 治療期間について
  • 費用や効果についての説明
②資料作成
  • 歯の型取り
③診断
  • 診療方針、治療方法の説明
  • 費用の確認
④治療開始
  • 装置お渡し
  • 1ヶ月おきに通院
  • 経過を見ながら徐々に通院期間を空けていきます
8歳の男の子の歯型
主に左下2番(前歯の隣の歯)を外に出して歯列を整える目的で開始しました。
令和3年1月26日にスタートし、まだ2ヶ月ほどですが目で見て分かる結果が出ています。
徐々に内側に入っていた歯が外に広がっているのがお分かりいただけると思います。
初診時
初診時
初診時
初診時
1ヶ月目
1ヶ月目
1ヶ月目
1ヶ月目
2ヶ月目
2ヶ月目
2ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
3ヶ月目
3ヶ月目
3ヶ月目

費用

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)の料金は一般的な矯正治療に比べ治療費は抑えられており始めやすい治療法です。

¥88,000円(税込)

まずはお気軽にご相談ください。
プレオルソ(こども歯ならび矯正法)の公式ホームページはこちらをご覧下さい。
「プレオルソ」こども歯ならび矯正法について