歯が抜けてしまったら…

虫歯や歯周病により歯を失ってしまった場合の治療法は三つあります。 Bri(ブリッジ)・入れ歯(義歯)・インプラント です。 それぞれにメリット、デメリットがあり、またはお口の中の状態によって向き不向きもあります。。

Bri(ブリッジ)・入れ歯(義歯)・インプラントのメリット(長所)・デメリット(短所)

Bri(ブリッジ):抜けてしまった歯の前後の歯を使って橋をかけるようにして治す。
長所 自分の歯と同じような感覚で咬むことができる。 固定されるので違和感が少ない。
短所 前後の歯(健康な歯でも)を、たくさん削る必要がある。 前後の歯に負担がかかり、寿命が短くなる。 (三本分の力を二本で支えるため。またくっついているので清潔に保つための手入れが重要)
入れ歯(義歯):抜けてしまった歯の前後に金具を使って装着する。
長所 着脱可能なのでお手入れ(お掃除)がしやすい。 他の歯への負担が少ない。
短所 違和感が強い場合が多い。咬む力が弱い。
インプラント:抜けてしまった歯の所の顎の骨に、チタン製のネジのようなものを埋め込む。 それを人工の歯の根っことして使い、上に人工の歯をはめ込む。
長所 自分の歯とほぼ同じような感覚で使える。固いものが咬めるようになる。 他の歯への負担がほとんどない。
短所 完成までに時間がかかる。 手術が必要。費用が高い。

費用について

Bri・入れ歯 ・保険が使える ・自費で審美的にも機能的にも良くすることができる。
インプラント ・保険適用外