歯科用語集

専門用語は色々と分からない事が多いかと思い、できるだけ簡単で分かりやすくまとめて作り始めました。
完成するのに時間がかかると思いますが、
気長に更新していこうと思いますので完成までしばらくお待ちください。

カ行

開口(かいこう)

奥歯をかみ合わせた時に、上下の前歯が触れず、 隙間が空いているかみ合わせのこと。オープンバイトともいう。

外傷歯(がいしょうし)

事故やケガなどにより、欠けたり脱臼した歯のこと。

下顎(かがく)

下あごのこと。

下顎前突(かがくぜんとつ)

反対咬合、受け口のこと。 上顎に対して下顎が前に出ている状態。

顎関節症(がくかんせつしょう)

口を大きく開けない。開くと痛みがある。 開閉するときに音が鳴る(クリック音)などの顎関節の機能障害のこと。
※詳しくはこちらをご覧ください。

ガッタパーチャー

神経を抜いた後の歯の根管(元々神経が通っていた場所)に、 充填する材料のこと。

窩洞形成(かどうけいせい)

虫歯を除去した後に、詰め物が入るように削って形をつくること。
仮封材

仮封材(かふうざい)

次回の治療までに、一時 的に蓋をする詰め物のこと。

ガマ腫

唾液(つば)の流出障害によって起こる嚢胞(のうほう)のこと。

カリエス

虫歯のこと。

カルテ

診療録のこと。

ガルバニー電流

口腔内にある異なる金属が触れることによって生じる電流のこと。 例えば、アルミホイルを咬んだ時を想像してみると分かりやすいかと思います。
仮歯

仮歯(かりば)

治療途中でつけておく仮の歯のこと。 テック(テンポラリークラウン)ともいう。

感染根管(かんせんこんかん)

菌に感染してしまった根管のこと。 歯の根っこの先が膿んだりしてしまう。
鉗子

鉗子(かんし)

抜歯の際、歯をつかむために使う歯科医療器具のこと。

技工士

歯科技工士のことです。入れ歯、詰め物、冠物などの補綴物を作ってくれる方です。
義歯

義歯

入れ歯のことです。

臼歯(きゅうし)

奥歯のことです。第一小臼歯(前から4番目の歯)から第三大臼歯(前から8番目の親知らず)の歯で合計20本あります。
キュレット

キュレット

歯根についた歯石を取る為の歯科器具です。

矯正(きょうせい)

ワイヤ、ブラケット、マウスピースみたいなものなどで歯を動かして歯並びを良くすることです。

頬側(きょうそく)

歯の頬の側のことです。⇔舌側(ぜっそく)。

金銀パラジウム合金

保険の冠物や詰め物でよく使われている銀色の合金です。金パラともいいます。

近心

歯の前側のことです。⇔遠心

クラウン

冠せ物の事です。大きい虫歯の時や神経を取った時に用いることが多いです。歯の全体を覆うように冠せます。
金属はもちろんレジン、セラミックなどの白い歯でも作ることが可能です。

クラスプ

部分入れ歯についている、残っている歯に引っ掛ける金具の事です。

クラック

セラミックなどに入ったヒビのことです。

クランケ

患者様のことです。

クリアランス

かぶせ物などの人工物を入れる際の上下の歯の隙間の事ことです。

形成

かぶせ物や詰め物が入るように形を整えて削ることです。
形成が上手にできるかどうかが、適合、脱落に非常に影響してきます。

欠損

歯がないことです。欠損した場合、通常入れ歯かブリッジかインプラントをいれます。

血餅(けっぺい)

抜歯後、患部にできるかさぶたのようなものです。

犬歯

糸切り歯。前から三番目の歯です。

コーヌスクローネ

保険適応外の部分入れ歯です。
残っている歯にかぶせ物の装置を付けて、入れ歯の装置とつける方法です。

コア

歯の神経を取った後に後に歯の中に入れる土台(芯)の事です。
通常そのあとにかぶせ物をします。

合着(ごうちゃく)

強いセメントで補綴物をくっつけることです。
合着すれば通常補綴物は取れなくなります。⇔仮着

口角

唇の端っこのところ。上唇と下唇がつながっているところです。

口腔

口の中のこと。

口腔癌

口腔にできる癌(悪性腫瘍)

口腔外科

顎の骨折、口腔癌、抜歯などの外科的治療を行う歯科診療科目の一つです。