歯周病

歯周病とは歯の表面に付着したプラーク(歯垢、細菌の塊)によって
歯肉が腫れたり出血したり、 歯の周りの骨が溶けたりして歯が抜けてしまう病気です。
日本人の成人約八割がかかっているといわれていますが、自覚症状に乏しいため、
気が付いた時にはかなり症状が進行している場合があります。
ちなみに日本人が歯を失う一番の原因は虫歯ではなく歯周病ですので気をつけましょう。
歯周病になる一番の原因は、
歯と歯茎の間にある歯周ポケットに汚れがたまったままになっていることなので、
適切なブラッシングと定期的な歯石除去が重要になってきます。
歯周病を防ぐためには日々のプラークコントロールが重要です。
人によってそれぞれ歯並びは違いますので、
患者様個人に合わせて 歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスの使い方などを丁寧に指導していきます。
その為、当院では定期的(三ヶ月ごと)な検診と歯のクリーニング(歯石除去)を推奨しています。
詳しくは、定期検診の重要性についてをご覧ください。

主な症状

歯茎が腫れている、口の中がネバネバする、歯茎から出血がある、
歯がグラグラする、歯茎がかゆい、口臭が気になる、歯が浮いたような感じがする
噛み合わせが変わったような気がする など

歯周病の進行

歯周病の進行|1
歯周病の進行|2
歯周病の進行|3
歯周病の進行|4
歯周病の進行|5