人工物(詰め物、かぶせ物、仮歯)が外れてしまったら・・・

 食事中、歯ブラシ中などに、治療した歯の人工物が取れてしまうことがあります。
プラスチック、セラミック、銀などの金属の詰め物、または
かぶせ物が何かの拍子に外れてしまったら、その人工物は失くさずに歯科医院へ持っていきましょう。
 なぜ取れてしまったのかという原因とご自身の歯の状態によっては、
そのまま再使用が可能な場合があります。(使用できず再治療の場合もあります)
軽く水洗いして保管してくださ い。その際、ティッシュなどにくるんでおく方が多いのですが、
ご自身で捨てなくても、間違えてご家族の方などが捨ててしまうことがないようにご注意ください。
 人工物が外れてしまったご自身の歯は、そのままにしていると痛みがでたり、
歯ブラシで汚れが落としにくい複雑な形になっていて、二次的な虫歯になりやすかったりする場合があります。
また、歯は微妙に動くものですので、隙間がなくなって再使用できたはずが出来なくなったり、
二次的な虫歯の進行により元のように治療できなくなってしまうかもしれません。
できるだけ早めの受診をおすすめします。
 ご自身で市販の接着剤を使用して元に戻してしまうケースがまれにありますが、
接着剤の分、人工物が浮いた状態でくっついてしまい、
咬み合わせが狂ってしまうことがあります。
そのままにしていると、身体のこりや、手足のしびれなど全身に症状がでることがありますので、
ご自身で元に戻すことは絶対にしないでください。
詳しくは、顎関節症のページ(顎関節症のページへリンク)をご覧ください。